一流コックに愛されるフライパン

やはりプロは鉄がお好みのようで、その人気は今も昔もさほど大差はないようです。

その鉄のフライパンのなかでも、一目置かれているのが、打ち出しフライパンであります。

世界的コックも愛するメイドインジャパンの老舗ブランドであり、多くのファンはこの打ち出しフライパンのどんなところが魅力的なのであろうか?そもそも一枚の鉄の板を何百回、何千回とハンマーで叩く。

そして形づけていくのだが、その叩く技術は、時間を要するのはもちろんの事、長い年月の中で培ってきた高度な技術が必要になってくる。

ハンマーで沢山たたきつけることにより、表面に適度な凹凸がうまれ、油を敷いた時のなじみがすこぶる良くなる。

さらに叩くことによって、鉄本来がさらに頑丈になり、長年使ってもへこたれない一流フライパンとなるのだ。

その一流フライパンは、厚みにもこだわりがあり、一般的なものに比べてあえて厚みをも持たせ、熱回りを良くし、食材の持ち味を損なわない様、じんわりと火が入るしくみを作っている。

シニア世代の人気商品

団塊の世代と言われる方々が続々と定年を迎え、日本も高齢化社会に拍車をかける一方ではあるが、定年後何か新しいことにチャレンジしようと料理教室に通う料理男子ならぬ料理じいさんが増えている。

そんな中シニア層の中でも人気のキッチン道具がある。

それはひっくり返さなくていいというフライパン。

フライパンの魅力

どういうものかというと、フライパンが二枚合わさったような形状で、昔のたい焼き器を思い出す。

料理教室に通う団塊世代のお父さんたちも、慣れない料理にフライ返しを使うことを苦手と答える方も多く、このひと昔前のたい焼き器のような二枚合わせのフライパンを使えば、そのままフライパンの柄を持ち上げひっくり返すことができるので、フライ返しで失敗したときのように食材が飛び散ることなく、料理をてきぱきとすすめることができるのです。

じつにこのフライパンは、圧力磁石でしっかりと密閉されているので、魚を焼いた時の煙や匂いも軽減され、マンションなどの密集した住宅事情にも配慮ができるエコ商品である。


Comments are closed.